オススメ女性漫画

【ピースオブケイク⑦】簡単ネタバレ!皆のその後を描く番外編!

今回ご紹介するのは『ピースオブケイク⑥』に繋がる

『皆のその後(番外編)』

についてご紹介したいと思います。

↓前回「ピースオブケイク⑥」の内容

あかりのお話

死なないと思ってる?

最初の小説「旅の彩光」を書いたあかりはその時の収入を手に、母の死の連絡を受け地元へと戻っていた。母の葬儀が執り行われる中、あかりはその収入のお金を祖母に出し、叔父の遺産も何も受け取らないのでこれで一族と縁を切って欲しいと伝えた。

親族一同からは悪態をつかれ、祖母からも罵られるがあかりはもう長年の悲願を達成できたとその場を去る。担当からは次の新作の話を持ち掛けられるが中々筆が進まず、京志郎にもう一度会えば何か変わるかもしれないと、アパートを訪れる。

しかしそこには既に志乃と京志郎の生活が築き上げられていて、自分はお呼びでない空間だった。思わず涙が出て、咄嗟にあかりは京志郎の情を引こうとあれこれ言って自分の側にいてもらうよう取り繕った。

それでも京志郎は志乃の為に体を許さなかったし、心はどうしてもここに無かった。

ある時電話で志乃に自分達のことがバレたと悟ったあかり。そして今までずっとあった連絡が途絶え、ある日京志郎が直接あかりの元へやって来てあかりの様子だけみて元気そうだと安心する。そしてまた様子は見に来るから電話だけはしないで欲しいと頼まれるのでした。

その必死さに、あかりは腹を立て自分は死ぬかもしれないのに、と脅しをかけたりして志乃に電話をかけ、まるで京志郎がしつこく自分のところへ来てるかのように伝えるのでした。

ありがとう、さようなら

そしてあかりは新作を書いてアパートまでやってきて京志郎にそれを読んで欲しいと頼みます。これを読めばきっと京志郎も分かってくれると。しかし京志郎はそれを断固拒否、完全に突き放されてしまいます。

それからあかりは母の墓参りに向かうと、雨の中祖母がその墓石に縋っている場面に出くわす。そしてその祖母はボケて自分の事を亡くなった母、育子と勘違いしてまるで小さい子をあやすように優しく接っしてきます。何を都合よくボケてるんだ!あんたが母を殺したようなものだと腹を立てるものの、植物状態の母を置いてここを出ていった自分を思い出す。

そしてあかりはぼろぼろと涙が溢れ、祖母にすがりながらもういない母に謝るのでした。

老人ホームに入った祖母を見舞うあかりは自分の事を「育子」だと言って、祖母の車椅子を押してホームの庭を散歩します。そんな中電話がかかってきて、新作の映画化が決まったと報告が入り笑ってしまいます。

そしてまた嫌味なあとがきを書いてやろうと、京志郎に向けて。ありがとうさようなら、と文をつづるのでした。

志乃と京志郎のその後

変なプライド

物語は志乃が京志郎の元を出ていった頃から始まる。

アパートの立ち退きに伴って京志郎も別の場所へ引っ越しており、レンタルビデオ屋の店長から洋画映画の買い付けの仕事についていた。そんな日々を過ごしながら京志郎の中にはずっと志乃がいて、志乃が残していったクワズイモを株分けして庭作ったクワズイモの群生が揺れる度に、志乃が来たのではと気にかける程だった。

弟からはまだあかりに未練があると思われ、その度京志郎は志乃だけだと腹を立てるのでした。しかしそんなある日、たまたまこのクワズイモの群生に見とれていた志乃と偶然出会うことがあり、なんとか家に入って話会う機会があったのだが、自分は浮気はしてないし非はない。という変なプライドが邪魔をして、志乃の自分の事を愛してろ。と上から目線で言ってしまいまた喧嘩。

せっかくのチャンスを逃すのでした。

しかしその後も何だかんだあって志乃を家に呼ぶことに成功する京志郎だったが、そこにやってきた外国人女性とまたひと悶着あって志乃は怒って帰ってしまう。

そうこうしてると、ある日京志郎は熱を出して一人で縁側でぶっ倒れてしまいます。

愛してろ

気が付くとそこには志乃がいて、京志郎のことを看病してくれていた。それから数日、京志郎の熱が下がるまで志乃は看病に通ってくれており、京志郎はやっぱり志乃とこれからもずっと一緒にいたいと強く思いそのことを伝えようとするのですが、なんとたまたま弟が置いていったあかりのコラムの書かれた冊子を志乃が見つけてしまいます。

なんともタイミングと運が悪い2人。

そして京志郎はプライドを捨てて志乃に、信じてくれなくてもいいから一緒にいて欲しいと伝えます。その言葉に志乃は、何だかんだここ数日京志郎と過ごした日々はやっぱり楽しかったと言い、以前京志郎に言われたように、自分を愛してろ。と言ってようやくそこで2人の関係に決着がつくのでいした。

しばらくが経って。

旅好きの弟が戻ってくると、そこには一人何か小説を書いている京志郎の姿があった。その様子にまだあかりに未練があるのかと思うが、京志郎曰くあかりが書いた物語ではなく、自分と志乃のことは自分で書きたいとのこと。

何を言ってるのかと思ったが、なんとそこに帰ってきたのは赤ん坊を抱っこした志乃だった。今まで関わった沢山の人々や、友人夫婦の元に生まれた子供たちも集まり、賑やかな中2人は手を繋いで幸せそうにクワズイモの中を歩くのでした。

引用元: https://kojimangavip.com/%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%AA%E3%83%96%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%82%AF%E7%95%AA%E5%A4%96%E7%B7%A8feelyoung-2/8-139/

 

聞こえてくる歌の歌詞にはただ、たやすい事よ、と。

プチ情報コーナー

今回お話した物語は、この「ピースオブケイク」全5巻とは別に描かれた「番外編」の中の物語となっております。

もちろん番外編を見なくても5巻まででも楽しめるのですが、番外編まで見た方が、あかりが出ていった時、何を思い何をしていたのか。京志郎の元に戻って来た時どんな心境だったのか、その後どうなったのかまでしっかり分かって少し安心出来ます。

あんなに嫌っていた祖母とも、まさかの形ではあるが穏やかに過ごすことが出来、どうやら最期を看取ることも出来たようでした。そしてあかりが書いた新作小説が映画化される時も、志乃が関わった劇団の脚本家がそのシナリオを担当する事になったりと、色んな繋がりがあったようです。

また志乃と京志郎のその後も、5巻のラストでは抽象的な描写で描かれてはいるものの、どうやら2人は結ばれて子供も出来て沢山の人々と楽しく過ごしている、という雰囲気だけだったのですが。番外編ではどうやって2人があの再会からそこまでに至ったのかが細かく描かれていて納得の物語になっていました。

このピースオブケイクを読む際はせっかくなので「番外編」まで読んで頂けるとより楽しめるかと思います。

話題のアニメ、ドラマ、漫画を読むなら超お得な「U-NEXT」!

 

今なら「31日間無料体験」0円で利用出来ちゃう!


最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

U-NEXTは

  • 動画見放題(8万本!)
  • 動画レンタル(4万本!)
  • 書籍、漫画、ラノベ合計(34万冊以上!)
  • 雑誌読み放題(70誌以上!)

基本の月額1,990円。(※税込2,149円)

しかも毎月継続ポイントで1200ポイント貰えるので、実質790円で利用することが出来るのでめっちゃお得!

だ・け・ど。

 

ちょっと待ったぁ!!

 

初めてU-NEXTを利用される方は断然お得な『31日間無料体験』を利用して欲しい!

「31日間無料体験」を利用することによって

無料で話題のドラマ、アニメ、漫画を楽しむことが可能!

無料トライアルで入会すると600ポイントが貰えるので、ポイントを使って話題の漫画を読むことだってできちゃうんです。

 

そ・し・て。

無料期限終了の前に退会しちゃえば

なんと

0円で楽しむことが出来ちゃう!

 

そんな美味しい話…怪しい…。

と思うかもしれませんが。

コンテンツ内容が魅力的なものばかりなので、無料期間内だけで楽しもうと思っていたらいつのまにか抜け出せなくなっちゃった!ってさせるくらいU-NEXTさんも自信があるということです(笑)

要は皆さんの欲に勝つ力の強さにかかってます!

自分は絶対無料期間内には解約出来るね!

って自信がある方、是非試してみてくださいね☆

 

無料登録はコチラから↓