オススメ映画

【億男】簡単あらすじ!3億円手に入れ一晩で親友に持ち逃げされた男の末路とは!?

今回簡単にあらすじをご紹介する映画はコチラ!

『億男』

です。

どんな映画?

①お金の正体とは? ②宝くじが当たったらどうする? ③人間の欲望と美しさを描く

消えた3億と親友

パーティの後に

主人公の大倉一男(おおくらがずお 演:佐藤健)のは兄の借金の肩代わりをさせられ、3千万の借金を抱えており、その返済の為に図書館司書と工場の仕事の掛け持ちをし、そしてその借金の為に妻と娘とは別に暮らしていた。

定期的に娘と会って一日過ごす日、娘の為に福引で自転車を当てようとするが当たったのは数枚の宝くじ、しかし帰ってその宝くじを確認するとなんと3億円が当たっていたのだった。これで借金も返せて家族とも元通りになれる!と思ったのだが、色々と調べてみると宝くじを当てて大金と手に入れた人々は皆不幸な末路を辿っていると知り一男はこのお金を間違いなく使う為にどうすればいいかのアドバイスを聞くために、大学時代からからの親友で企業家の古河九十九(ふるかわつくも 演:高橋一生)の元へとやって来る。

すると九十九は、お金の事を知るにはまず使ってみることだ。と、3億の内の少しを使ってナイトクラブのようなパーティを開いた。最初は戸惑う一男だったが、次第にお酒も入ってその場を楽しむ。

しかし目が覚めるとそこにあるのはパーティ後の汚い部屋だけで誰もおらず、そして3億が入っていた金庫の中身は親友の九十九と共に消え去っていた。

お金という概念

慌てた一男は3億を取り戻す為、きのうパーティに来ていた女の子、あきら(演:池田エライザ)に連絡をとり、九十九を知ってそうな人を紹介して欲しいと頼み、かつて九十九と一緒に「バイカム」というフリマサイトを経営していた人に会いにいくことになった。

バイカムは既に売り払われており、九十九と一緒の元バイカム経営者だったが今ではその資金を元手に新事業を起こしている百瀬栄一(演:北村一輝)に九十九の行方を聞きに競馬場へとやってくるが、そこで百瀬は一男に百万貸すから万馬券を買ってみろと言い、しぶしぶ賭けてみたところ大当たり!

1億手に入れた!と喜ぶ一男に百瀬は元の3億にするために全部もう一度賭けろと言われ、もう一度勝負したところ今度は大負け。愕然とする一男だったが、なんと百瀬は最初から1円も賭けてないとバラします。

実際お金は動いていないのに、今の瞬間頭の中だけを行って消えたのが「お金」というものだ、と。

その後一男は百瀬のフェイスブックと繋がり、他の関係者とも会ってみることになり、次に会ったのは同じく元バイカム経営者の千住清人(演:ふじわらたつや)だった。

お金とはなんだ?

安心の値段。

次に会った千住は新しい事業で忙しそうで、次のスケジュールの移動と共に話を聞いていた。車の中で移動中に千住はテキパキと装いを変え、着いた先は「夢実現セミナー」という会合で千住はそこの教祖のような存在になっていた。

話を聞きにきた人々の願望を聞き、それら全てに力強く「夢は叶う!」と言って鼓舞し、お金に振り回されるな手放してしまえ!と会場中で皆が歓喜してお札を投げ捨てていった。しかし楽屋裏ではその投げられた札を回収しキレイに伸ばす作業が行われていた。

セミナーに来ていた男性で、一男と同じように「借金を返して家族と一緒に暮らしたいのが夢だ」という人がいたが千住は楽屋で、不甲斐ないから家族が出て行ってやったんだろ。と罵ります。その一連の行動を見ていた一男は、人を騙すようなことをして心が痛まないのかと聞くと、千住は。

皆安心を欲しがっていて自分はそれを与えてあげている。札を捨てて安心を手に入れられるならそれでいい、自分達は捨てられたそれらを拾っているだけだ、人々にとって札の紙が神であり、それを崇める宗教に皆は入ってしまっているのだと言い切るのでした。

人に値段がつく

次に訪れたのは同じく元バイカムを経営していた女性、安田十和子(やすだとわこ 演:沢尻エリカ)のところだった。

若くして10億の資産を手に入れた十和子だったが、一般家庭にありそうなごく普通の暮らしをしていた。そして十和子は10憶を手にしてすぐ周りからやたら「羨ましい」だの「ずるい」だのと散々言われてきたと話し出します。そしてお金を手に入れたら男性は女性をお金で買えることを知ってしまうから怖いと。

けどバイカムが軌道に乗ってきた頃に一番問題になったのは、女の子たちが自らを商品として売り出す案件が出てきたことで、急いでその問題に対応していたがその矢先にどんどん交渉が成立していくことに愕然としたと。

人に値段がつくのだと。

3億戻ってきたら何に使うかを一男に聞き、今までの人たちと関わってどう使えばいいか迷ってますと正直に答えると、十和子は一男にだけ見せてあげると家の壁や畳の裏などにびっしりと隠された札束達を披露します。貯めて貯めて、結局使わずに死んでいく。お金とはそういうものだと言う十和子に、一男はバイカムを売らなければよかったのにと言う。

まだバイカムが九十九たちのものだった頃、売買の話に反対していたのは九十九だけだった。売買で200億は手に入るが、今まで作りあげてきた自分達のこの軌跡を手放すことになるじゃないか!と。

九十九と一男

お金を知りたい

学生の頃、一男と九十九は2人でモロッコへ旅行に行ったことがあった。そこで勝手に道案内をしてお金を求める男に会い、一男は少しならと渡そうとしますが九十九はタダだと言っていたからお金は渡せない、とピシっと言い切り男の反感を買いながらも追い返します。

そんな旅の中、一男は旅の疲れが出てしまい陶器のお店の中で倒れてしまい商品を沢山割ってしまい、店主はわざとここで倒れたんだ!と怒り心頭。一男が目を覚ますとそこはホテルのベットの上で九十九は心から心配していたように駆け寄ってきて一男の回復を喜びます。

一男が割れたお皿はどうしたのかと聞くと、34万で弁償したよと言う九十九。その値段の高さに驚き、騙されてるのではと焦る一男ですが、そんなことで揉めてる間にも早く一男を安全な場所へ連れて行きたかったからと言う九十九。

その後、実は九十九はバイトで稼いだお金を投資に回し1憶程の資産を持っていた。それを聞いた一男は、それならわざわざ格安航空や格安ホテルを必死になって探したのがバカみたいじゃないかと言いますが、旅行費全部僕が出すから一緒に来て欲しいと言ったら来て欲しいと言ったら来てくれた?と聞かれ、一男は少し悩みます。

そして九十九は、モノの価値は人それぞれ違う。だからそれぞれが思う価値で物を売買出来るようなシステムを作りたいと思う。と、企業の目標を一男に話すのでした。

お金の正体を知りたいと。

家族とお金

色んな人と出会う中、一男は離れて暮らす妻と娘に3憶帰ってきたら一緒に暮らそうと何度も言うのですが、奥さんは晴れない顔で一男の言葉を聞くばかり。そして出来れば離婚して欲しいと。

そんな奥さんに一男はさらに、また一緒に暮らせるようになれば美味しいものも沢山食べられるし欲しいものも何でも買える!と訴えますが、奥さんは静かに口を開き、借金のある生活でも乗り越えていけると思っていた、ただ2人で年に一回娘のバレエの発表会を見ることが出来れば、それで良かったと。

借金を背負ったばかりの頃、一男はとにかくお金お金で、娘が唯一自分からやりたいと言ったバレエも高いから辞めさせようと言っていた。そうやってどんどん変わっていく一男を見ているのが辛くなったのだ。

その話を聞いて、一男は奥さんと一緒に娘のバレエの発表会を見ながら家族3人で過ごしてきた暖かい記憶を思い出しながら涙を流すのだった。

幸せと3億

どう見える?

茫然と電車に乗っていた一男の目の前に、ある男がやってきて大きな鞄を二つ一男に渡した。その男は九十九で、渡されたのはびた一文手を付けられていない3億円だった。

そして九十九は、このお金が今の君にはどう見えると尋ね、一男はただ漠然とそれらを見つめ、最初とは別物に見えると答えます。これらがあれば全て解決すると思っていたけど本当に欲しいものは取り戻せなかったと。

そして且つてお金の正体を知りたいと言っていた九十九にそれは分かったのかと聞きます。九十九は今までの経験で、お金は人をとことん変えてしまうと分かったと。しかしそこで一男が、けどどうしても九十九がお金を持って消えてしまうとは思えなかったと言う。

九十九は99までお金の招致あに近づいたが、1つが分からなかった、けど一男が最後の一つを教えてくれたと。

大学生の頃、2人は落語研究会に入っておりそこで九十九は「芝浜」という演目が得意だった。それはひょんなことから大金を手に入れた男が仕事しなくていいと喜ぶが目が覚めるとそれはなく、夢だったと思い結局必死に仕事をして借金を返すが実は奥さんが旦那がこのままじゃ腑抜けになると心配して隠していたのだ。それを知った旦那は怒ることはせず、むしろそれで良かったと言い、奥さんが旦那がずっと我慢してたお酒をつごうとしますが、また酔って目が覚めて夢だったらいけないからよそう。という話だった。

一男を残し、九十九は電車をおりると一言。夢になるといけねえ、と言って去って行きます。

変わらない

家に戻った一男は3億を前にしながら、かつてモロッコで九十九が言った、僕は変わらない、ずっと。という言葉を思い出していた。

そして一男は一台の子供用自転車を持って奥さんと娘のいるアパートの前に置いていきます。喜ぶ娘を学校に行かせ、奥さんはそこに置いてあった一男からの手紙に気が付きます。そこには、あのお金での最初の買い物で、気に入るか分からないけど置いておきます。と言った内容が書かれていた。

それを見た奥さんの顔は優しくほころぶのでした。

ココ押し‼

川村元気さんの原作

この映画は「世界から猫が消えたなら」でも有名な川村元気さんが原作を描かれております。川村元気さんはこの物語を書く上で、実際に億万長者の方たちに取材をしたり、作中にも出てくる馬主しか入れないような場所や、実際にお金を払ってセミナーなどにも参加してみたりしたとのこと。

そうやってリアルな取材から出来た作品なので、お金について本当に色々と考えさせられます。

億男 (文春文庫)

新品価格
¥748から
(2020/5/17 23:39時点)

価値を見出す作品

同じ川村元気さん原作の作品で、「世界から猫が消えたなら」も映画になっておりますが。こちらの場合は「命と引き換えに世界から一つずつモノを消していく」というお話でした。

命よりも大切なモノなんてあるわけがない、と思うのだけど実際にモノが消えていくと…。

「億男」はお金と幸せがテーマでしたが、「世界から~」は命の価値がテーマでしたね。そしてどちらの主演も佐藤健くんでした(笑)

是非、この世界での「価値」のテーマの違いを見比べてみてください!

↓命と引き換えにモノが消えていく中で主人公が見つける答えとは…

話題のアニメ、ドラマ、漫画を読むなら超お得な「U-NEXT」!

 

今なら「31日間無料体験」0円で利用出来ちゃう!


最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

U-NEXTは

  • 動画見放題(8万本!)
  • 動画レンタル(4万本!)
  • 書籍、漫画、ラノベ合計(34万冊以上!)
  • 雑誌読み放題(70誌以上!)

基本の月額1,990円。(※税込2,149円)

しかも毎月継続ポイントで1200ポイント貰えるので、実質790円で利用することが出来るのでめっちゃお得!

だ・け・ど。

 

ちょっと待ったぁ!!

 

初めてU-NEXTを利用される方は断然お得な『31日間無料体験』を利用して欲しい!

「31日間無料体験」を利用することによって

無料で話題のドラマ、アニメ、漫画を楽しむことが可能!

無料トライアルで入会すると600ポイントが貰えるので、ポイントを使って話題の漫画を読むことだってできちゃうんです。

 

そ・し・て。

無料期限終了の前に退会しちゃえば

なんと

0円で楽しむことが出来ちゃう!

 

そんな美味しい話…怪しい…。

と思うかもしれませんが。

コンテンツ内容が魅力的なものばかりなので、無料期間内だけで楽しもうと思っていたらいつのまにか抜け出せなくなっちゃった!ってさせるくらいU-NEXTさんも自信があるということです(笑)

要は皆さんの欲に勝つ力の強さにかかってます!

自分は絶対無料期間内には解約出来るね!

って自信がある方、是非試してみてくださいね☆

 

無料登録はコチラから↓