オススメ女性漫画

【フルーツバスケット】ネタバレ!紅葉、可愛さの裏の大人びた姿とは?

今回は『フルーツバスケット』の2巻から登場する十二支で『卯』の物の怪憑きである

『草摩紅葉(そうまもみじ)』

という人物についてご紹介したいと思います。

草摩紅葉という人物

草摩紅葉の人物像

草摩紅葉は十二支の『卯』憑き。

明るく元気で子供っぽい容姿から小学生と間違われたりするが初登場時は撥春と同じ中学三年生で、一年後には透達と同じ海原高校へと入学。(その際似合うからと女子の制服に短パンという恰好でやって来る)

父、母、紅葉、妹の四人家族だが、現在は会社の社長をしている父と暮らしている。ドイツ人の母を持つハーフで金髪巻き毛と容姿は母親そっくりな上ドイツ語も話せる。

またバイオリンを習っており将来の夢はバイオリニスト。

十二支と紅葉

卯憑きを意識してかウサギグッズを沢山持っており、日常的によく使っていたりと自分の十二支に対して好意的に受け入れている姿勢もある。

また他の十二支達に比べて変身することにあまり躊躇いがない様子で、十二支の事情を知っている透に対しては勢いよく抱きついて変身したりする場面もある。

紅葉の願い

拒絶された存在

十二支の物の怪憑きの子供は十月十日よりも2か月早く生まれてくる。物の怪憑きの子供を持った親は不必要な程の過保護か、拒絶するかのどちらかに分かれる例が多いが紅葉の母親は後者だった。

透のバイト先が紅葉の父親の会社の清掃ということもあって時々透の手伝いをしにやってきていた紅葉はバッタリと母親に会ってしまうが、紅葉を草摩家のどこかの子だと思っており親戚の立場で言葉を軽くかわすだけ。

実は紅葉の母親は十二支の呪いを持って生まれてきた紅葉の存在を受け入れることが出来ずどんどん精神が崩壊し、その結果はとりの隠ぺい術で紅葉に関する記憶だけ消していたのだった。

その際はとりに後悔は無いかと聞かれた母親は

私の人生最大の後悔はあの生き物を自分の体から出した事よ

(フルーツバスケット4巻より引用)

と言って、紅葉の記憶だけを消し。3人家族として元気に過ごすようになった。

 

↓はとりの隠ぺい術とは?

 

信じていたいから

記憶から紅葉がいなくなった母親はどんどん元気になり、紅葉はなるべく母には会わないよう気をつけて行動してはいたが、父親の会社にやってくる母の姿を遠くから時々見守っていた。(その際たまたまその会社のビルでバイトしていた透に出会う)

いつも無邪気で元気に振る舞い、明るいムードメーカーの紅葉。

その背景には愛する人から拒絶され、存在まで無かったことにされてしまうという幼い少年が背負うには重く悲し過ぎる過去がありました。

しかし紅葉はそれでも前を向いて生きて行く心を持とうと頑張っていました。

忘れたいって願いたくなる思い出でも ちゃんと背負って逃げないでがんばれば

いつかそんな思い出に負けないボクになれるって信じてるから

信じて…いたいから

(中略)

だからホントはママにも忘れてほしくなかった がんばってほしかった

…だけどこれはボクのワガママだから……

ヒミツだよ

(フルーツバスケット4巻より引用)

そう囁くように透に話す紅葉の言葉は、そのまま透自身の体験とも重なり涙がこぼれおち、気がつくと思いきり紅葉を抱きしめていました。もちろんうさぎの姿に変身してしまいますが、透はそのまま紅葉を抱きしめ、自分も信じていますと2人してポロポロ、ビルの端っこで泣くのでした。

慊人に立ち向かう強さ

透を連れ、皆で草摩家の別荘に遊びに行った時。透に対して腹を立てた慊人が直接透に会いに行こうとした際。たまたま慊人を見かけた紅葉は透に会わせまいと慊人の前に立ちはだかります。

十二支は本来神様(慊人)には潜在的に逆らうことが出来ないようになっているが、それでも紅葉は透のことを守ろうと慊人に反論し、その結果思いきり顔を殴られてしまいます。

いつもヘラヘラして見えているけれど、大事な場面ではしっかりと冷静に、且つ芯を持った行動の出来る精神的にはかなり大人な人物でもあります。

妹のモモの存在

離れていても

紅葉にはモモという小さな妹がいるのですが、母親が紅葉のことを記憶から消し後に生まれた子で、母親の記憶が蘇えることを恐れた父に会ってはダメと言われていたため、実際に会ったことがあるのは透が紅葉のお父さんの会社でバイトをしていた時に手伝いに来ていた際にバッタリ出会った時だけでした。

けれど以前から紅葉はモモのことを兄としてとても気にしていたのですが、ちゃんと会うことが出来ないことを寂しがっていました。

そんなある日、透が紅野に会いに草摩家の本家を訪れた際たまたま出会ったモモに本家の中への裏道を教えてもらいます。

そしてモモは以前本家にこうして入った時にたまたま紅葉の部屋を見つけており、それからというもの、モモは紅葉の事が気になって気になって。毎回隠れて紅葉の姿を見に来ていたのでした。

星に願いを

以前たまたま紅葉に会った時モモは母と紅葉はとても似ていると思ったと言い。紅葉がヴァイオリンを弾いているのを知って自分も習い始めたからいつか一緒に弾きたいのだと透に話します。(その結果紅葉についていたヴァイオリンの先生がモモの先生に移ってしまうのですが)

そしてモモは透に紅葉に伝えてほしいと言います。

モミジはモモの”お兄ちゃん”にならないんですか?って

(フルーツバスケット13巻より引用)

紅葉が一方的に気にしているだけかと思いきや、実はモモも紅葉のことを気にしていた事実が判明。

透はそのことを紅葉に伝えます。あんなに紅葉が気にしていたモモは、紅葉のことを本当にお兄ちゃんになって欲しいと思っていたと、紅葉に会うために同じヴァイオリンを習い始めたと。

その事実を知った紅葉は涙を流してその事実を喜びます。


そして自分の夢はヴァイオリン弾きになることだと、家族全員をコンサートに招いて自分のヴァイオリンを聴いてもらうことだと。

その後無事紅野に会うことが出来た透を紅葉は迎えに行きます。そしていつか透の為にコンサートを開くから透の好きな曲を弾くからリクエストを頂戴と言うと、透から「星に願いを」と返ってきます。

紅葉はそれを練習するよと微笑むのでした。

夜、透は紅野に会えたものの自分の力不足に上手くいかない人の想いに気を落とします。

胸が痛い 千切れそう 途方もない願いが心細いから?

叶わない願いもある事を 知っているから?

それでも 願いを

願いを

(フルーツバスケット13巻より引用)

 

まとめ

紅葉はこの作品の中で個性の強い色んなキャラクター達を勢いとテンションと明るさでまとめてくれるとても重要な立ち位置にいるキャラクターだと思います。

けどその明るさの裏にはとても辛い過去を背負っており、何かあった時の対応や対処もとても他のキャラに比べるととても大人びています。

そして慊人に立ち向かう程透のことを大切に思う紅葉でしたが、初めはお母さんみたいで安心する。と言っていた感情は次第にその形を変えて透への思いは大きなものへと変化していくのでした…。

話題のアニメ、ドラマ、漫画を読むなら超お得な「U-NEXT」!

 

今なら「31日間無料体験」0円で利用出来ちゃう!


最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

U-NEXTは

  • 動画見放題(8万本!)
  • 動画レンタル(4万本!)
  • 書籍、漫画、ラノベ合計(34万冊以上!)
  • 雑誌読み放題(70誌以上!)

基本の月額1,990円。(※税込2,149円)

しかも毎月継続ポイントで1200ポイント貰えるので、実質790円で利用することが出来るのでめっちゃお得!

だ・け・ど。

 

ちょっと待ったぁ!!

 

初めてU-NEXTを利用される方は断然お得な『31日間無料体験』を利用して欲しい!

「31日間無料体験」を利用することによって

無料で話題のドラマ、アニメ、漫画を楽しむことが可能!

無料トライアルで入会すると600ポイントが貰えるので、ポイントを使って話題の漫画を読むことだってできちゃうんです。

 

そ・し・て。

無料期限終了の前に退会しちゃえば

なんと

0円で楽しむことが出来ちゃう!

 

そんな美味しい話…怪しい…。

と思うかもしれませんが。

コンテンツ内容が魅力的なものばかりなので、無料期間内だけで楽しもうと思っていたらいつのまにか抜け出せなくなっちゃった!ってさせるくらいU-NEXTさんも自信があるということです(笑)

要は皆さんの欲に勝つ力の強さにかかってます!

自分は絶対無料期間内には解約出来るね!

って自信がある方、是非試してみてくださいね☆

 

無料登録はコチラから↓